近代マーケティングの父 フィリップ・コトラー教授の知られざる魅力

Kellogg School of Management
ケロッグ経営大学院のご案内
ケロッグ経営大学院について
ケロッグ・クラブ・オブ・ジャパンについて
書籍紹介
掲載メディア紹介

掲載メディア紹介

メディア情報です。 年代順に掲載しております。

小林 裕

【小林 裕】 スター・マイカ・アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
「私的なポートフォリオの構成」
『PAVONE』2010年10月 連載3
(引用)~インカム運用でポートフォリオの中核を固める…..~元本の成長は株式中心の長期投資で…..~オルタナティブはポートフォリオのひとつのパーツとして…..~この3つの柱の考えかたを活かしながらグローバルな選択眼を持って運用を行うべきと思います…..。

小林 裕

【小林 裕】 スター・マイカ・アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
「リスク・リターンと私的なポートフォリオの考え方」
『PAVONE』2010年7月 連載2
(引用)~私的な運用では何を運用の基準に考えればいいでしょうか…..。~短期金利をベンチマークにすることが現実的と思います。例えば3か月物の円定期預金の金利がこれにあたります…..。

小林 裕

【小林 裕】 スター・マイカ・アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
「プライベート・ウェルス・マネジメント=私的投資家向け資産管理サービス」
『PAVONE』2010年4月 連載1
(引用)~投資顧問型プログラムでは、担当者はクライアントの資産管理責任者として資産配分を担当します。資産配分はリターンの91.5%を決定するとされます…..。

川鍋 一朗

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「タクシー減車、責任果たす」
『日本経済新聞』2010年2月17日
(引用)~「11月までに2割減らしたい」。都内タクシー大手の日本交通の川鍋一郎社長は16日、減車に取り組む方針を明かした…..。

2009年

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「拾うから選ぶタクシーへ」
『Shizuginセミナー』2009年8月26日
(引用)~皆さんは、今日のように色々な人から話を聞く機会があると思います。しかし、話を聞いて勉強したと思うだけでは意味がありません…..。

【吉田 忠裕】 YKK株式会社 代表取締役社長
「豊富な自然を生かした産業と観光の振興を」
『財界』2009年7月7日
(引用)~立山連峰、黒部峡谷などの厳しい自然が、粘り強い県民性と、挑戦して何かを成し遂げる人々を育みました…..。

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「コミュニケーションは質より量だ!」
『アソシエ』2009年7月7日
(引用)~大手コンサルティング会社から、膨大な負債を抱えた家業のタクシー会社に転じた…..。

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「黒タク運転手の品質をおそろいに」
『日経情報ストラテジー』2009年5月
(引用)~2008年10月のある日、日本交通の代表取締役である川鍋一郎は、その日も「顧客」のふりをして自社のタクシーに乗り込んでいた…..。

【吉田 忠裕】 YKK株式会社 代表取締役社長
「グローバルものづくりの針路」
『財界』2009年3月24日
(引用)~40年前、YKKが海外進出したのは労賃の高い米国と欧州・オランダだった。賃金が安いからという進出理由ではなく、質のいいものをつくるという一念での進出であった。世界同時不況は経営に大きな影響を及ぼしているが、「その中でもできることはたくさんある」とYKK社長の吉田忠裕氏は語る…..。

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「2009年は攻めの販促」
『販促会議』2009年2月
(引用)~徹底的に考え抜いた施策だけが効果を生み出すことができる…..。

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「日経 大学・大学院ナビ 立命館大学経営大学院 教授紹介」
『日経 大学・大学院ナビ』2009年

2008年

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「マーケティング地殻変動とテキストマイニングの活用によるBuzzのモニタリング」
『第13回データウェアハウス&CRM EXPO』2008年

【加治慶光】 日産自動車(株)ゼロエミッション事業本部 主管 兼 グローバルマーケティング&セールス本部主管
「創るために売る、売るために創る」
『月刊自動車雑誌CAR GRAPHIC 10月号』2008年

【加治慶光】 日産自動車(株)ゼロエミッション事業本部 主管 兼 グローバルマーケティング&セールス本部主管
5年ぶり復活「GT-R」の宣伝戦略担当
『毎日新聞』2008年1月6日
(引用)~日産自動車のスポーツカー「NISSAN GT-R」が07年12月、5年ぶりに復活した。「伝説の車」を演出するため日産が選んだのは、業界で異例の宣伝戦略だった…..。

【有吉昌康】 株式会社PTP 代表取締役社長
SPIDERの紹介
フジテレビ『とくダネ!』2008年
PTP社が開発・販売しているSPIDERという全録HDDレコーダーが、6月23日(月) フジテレビ 「とくダネ!」の冒頭のオープニングトークで紹介されました。
小倉智昭さんが約10分間にも渡ってSPIDERのことを熱く語っています。

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「受け継がれる志」
『月刊現代』2008年9月
(引用)~マッキンゼー勤務で鍛えられたビジネス感覚は「現場主義だった」とすっかり意気投合する3人…..。

【小林 裕】 スター・マイカ・アセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
「30代が組むべきポートフォリオの”基本のキ”」
『THE21(PHP研究所)』2008年7月
(引用)~いままで投資をやったことがない。あるいは一度かじったものの、損失を出して以来、ピタリとやめてしまった。自分の投資スタイルのどこが間違っていたのかさえわからないまま、現在に至っている。そんな悩みをかかえたビジネスマンこそ、本気で熟読してほしい…..。

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「構造的な強みを生み出すダイナミズムマネジメント」
『知的資産創造』2008年6月

【川鍋 一朗】日本交通株式会社 代表取締役社長
「選ばれるタクシーへ先手打つ」
『朝日新聞』2008年5月10日
(引用)~きめ細やかなサービスの「黒タク」にモバイル配車…..。

【吉田 忠裕】 YKK株式会社 代表取締役社長
「窓を考える会社YKK APが目指す窓」
『近代建築』2008年5月
(引用)~”サッシメーカーから窓メーカー”へと事業強化を図るYKK AP社は、「窓を考える会社 YKK AP」をコンセプトに掲げ「窓のYKK AP」の認知拡大を行なっている。では「窓とは何か?」…..。

【吉田 忠裕】 YKK株式会社 代表取締役社長
「住まいにおける窓の可能性」
『マイホームプラス』2008年5月
(引用)~家づくりの大切な要素であるにもかかわらず、窓の造りやデザインについては意外に知られていないもの。インテリアから外観、住まいの快適さまで窓の今についてお話を伺いました…..。

【星野朝子】 日産自動車(株)執行役員 市場情報室長
Women take the driving seat
『Finanacial Times』 2008/4/29
(引用)~Male-dominated inudustires are working hard to recruit more female executives, but some attitudes still need to change, writes Alison Maitland.

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「乗って分かった社員の心」
『日経ベンチャー』2008年3月
(引用)~負債1900億円を一掃し、瀕死のタクシー会社を再生させた三代目社長…..。

2007年

【星野朝子】 日産自動車(株)執行役員 市場情報室長
カスタマーの声に耳を傾ける調査とは
『読売ADリポート』2007年9月
(引用)~カルロス・ゴーン氏に請われ、日産自動車のリサーチ部隊のヘッドとして市場情報室長を務めてきた星野朝子氏は、マーケティング戦略立案のためのリサーチでは日本の第一人者でもある。日産をプロダクト・オリエンテッドからコンシューマ・オリエンテッドに変える原動力となった星野氏に、企業にとって調査とは何かを聞いた…..。

【川鍋 一朗】 日本交通株式会社 代表取締役社長
「原点回帰こそ成長の糧」
『日経ビジネス』2007年9月3日
(引用)~事後規制は必要だが、時にルールなき行政介入は業界に混乱をもたらす…..。

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「電子メールログからの企業内コミュニケーション構造の抽出」
『赤門マネジメント・レビュー6巻8号』2007年8月

【川島 隆明】 株式会社カレイドホールディングス 代表取締役
「国内ファンド経営者の仕事とは?」
『日経キャリア』(2007年6月)
(引用)~M&Aなどで話題になる投資ファンドに興味を持つ人が増えてきた。そこで今回は投資ファンドのカレイド・ホールディングス(HD)の川島隆明代表の1日に密着した…..。

【星野朝子】 日産自動車(株)執行役員 市場情報室長
時間管理のツボ
『読売新聞』2007年4月
(引用)~私にとって仕事時間の効率化とは、会議を効率的に行うこと。「長時間会議撲滅」のため、私は効率化のポイントをいくつか心がけています…..。

2006年

【星野朝子】 日産自動車(株)執行役員 市場情報室長
キャリアの軌跡
日本経済新聞(夕刊)2006年12月25日
(引用)~マーケティングリサーチ会社の役員から、日産自動車のカルロス・ゴーン社長に招かれて同社の市場情報室へ。マーケティング面における改革のかじを取り、「新たな日産」を象徴する新車の数々を生み出した陰の立役者だ…..。

【鳥山 正博】 株式会社野村総合研究所 金融ITイノベーション推進部 上席コンサルタント
「ブランド構築は本物の時代へ」
『日経ビジネス』2006年7月3日
(引用)~ブランドとは何か。この問いに対する答えは、企業や消費者を取り巻く環境、つまり時代の移り変わりとともに大きく様変わりしてきた…..。

【川島 隆明】 株式会社カレイドホールディングス 代表取締役
「日本に残すべき事業資質を見極める」
『経済界』(2006年6月20日)
(引用)~投資ファンドの活躍が目覚ましいが、その多くは短期的利益の追求が目的。だがカレイドHDが最終的に目指すものは企業再生をてこにした日本経済の復活。和製ファンドの次なる一手とは…..。

2002年

【川島 隆明】 株式会社カレイドホールディングス 代表取締役
「日本発!独立系ファンドの面々」
『金融ビジネス』 (2002年8月)
(引用)~日本国内にも独立系の企業再生ファンドが増えつつある。数年先には間違いなく再生・淘汰が待ちかまえているのだが・・・・・・。

【川島 隆明】 株式会社カレイドホールディングス 代表取締役
「企業再建ビジネス」
『日経ビジネス』2002年7月1日
(引用)~リップルウッド、サーベラス、ローンスター・・・。日本企業の買収に存在感を増すのは外資ばかり。だが、日本の買収ファンドだって負けてはいない。日本企業相手の再建ビジネスを外資ばかりには任せてはおけない。旧来の企業社会、経営風土にどっぷり浸かって身動きのとれない企業を解き放ち、資本の論理や培った経営技術を駆使して日本企業の再建に賭ける…..。