近代マーケティングの父 フィリップ・コトラー教授の知られざる魅力

グローバル・リーダーの交流
在校生・卒業生による学校説明会 2017年8月28日(月)クックパッド株式会社内会議室
モーニング・セッション30 2017年3月14日(火)アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)
モーニング・セッション29 2016年9月16日(金)アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)
Kellogg Official Information Session 2016年7月25日(月)ゴールドマンサックス証券 47階オーディトリアム
香港エグゼクティブMBAプログラム 2016年6月8日(水)グランドハイアット東京(ドローイングルーム2F)
Kellogg School of Management
ケロッグ経営大学院のご案内
ケロッグ経営大学院について
ケロッグ・クラブ・オブ・ジャパンについて
書籍紹介
掲載メディア紹介

Event グローバル・リーダーの交流

国内外で活躍するリーダーを招いて、スピーチやディスカッションを通じ、ケロッグならではのカジュアルな雰囲気の中、マネジメントの最先端情報やリーダーシップの真髄に触れられます。奮ってご参加ください。

モーニング・セッション23 2014年5月19日(月) アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケロッグ経営大学院 モーニングセッション23

新時代のブランディング ~若者価値観の取り込み方~

講師: 宮澤 正憲 (みやざわ まさのり)
博報堂ブランドデザイン 代表
東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 特任教授

名称 新時代のブランディング ~若者価値観の取り込み方~
日時 2014年5月19日(月)  8:00~9:30
*受付は7:45~に開始します。
講師 宮澤 正憲
博報堂ブランドデザイン 代表
東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 特任教授
定員 一般60名/ケロッグ卒業生 20名
※定員になり次第締切ります
参加費 一般4000円/ケロッグ卒業生3,000円(サンドイッチ・コーヒー・紅茶代込み)
会場 アカデミーヒルズ49 (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
申込み ※本セミナーは、どなたでも参加できます。
※ケロッグ卒業生(およびそのご紹介者)の方は、
ケロッグ日本同窓会事務局< kellogg@arc-c.jp >までメールにてお申し込みください。
※一般の方は、下記のアカデミーヒルズ様のウェブサイトよりお申込みください。
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000n3nxe.html
主催 アカデミーヒルズ
(プログラム提供:ケロッグ・クラブ・オブ・ジャパン)

講座内容

コラボレーション型リーダーシップを旗印とする世界最高峰のビジネススクール、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院日本同窓会とアカデミーヒルズが送る知の交流。

同校教授を始め、日本や世界を変えて行こうと果敢、かつ情熱的に活躍する卒業生や関係者を招き、ケロッグならではのカジュアルな雰囲気のなかで講演やディスカッションを通じて、チャレンジ精神溢れるマネジメントの最先端や大胆なリーダーシップの真髄に触れる朝食会のシリーズです。

「ケロッグといえばマーケティング」ということで、多くの卒業生がマーケティング関連分野で活躍しています。第23回目となる今回、次世代型ブランドコンサルティングの専門チームである博報堂ブランドデザイン代表、また、東京大学教養学部付属教養教育高度化機構特任教授でもある宮澤 正憲氏をお迎えします。

最近の若者は上昇志向がない。消費をしない。海外に出ない。そんな声を良く耳にします。しかし、新しい価値観を持った彼らは、見方を少し変えると、企業や組織のこれからを考える上での貴重な示唆を与えてくれる存在でもあります。

今、多くの企業や組織が新しい方法やイノベーションを模索しています。国内市場の成長が望みにくく、消費意識も大きく変化する中で、従来の企業戦略やマーケティングそのものが通用しにくくなってきたからではないでしょうか。

そんな舵取りが難しい時代のなかで、現代の若者に芽生えている新しい価値観に焦点をあてることで、これからの企業や組織に求められるあり方や、マーケティングのヒントについて考えてみたいと思います。

 

講師紹介

宮澤 正憲宮澤 正憲みやざわ まさのり

博報堂ブランドデザイン 代表
東京大学 教養学部付属教養教育高度化機構 特任教授

1966年生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。
(株)博報堂に入社後、マーケティング局にて食品、自動車、トイレタリー、流通など多様な業種の企画立案業務に従事。2001年に米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)卒業後、次世代型ブランドコンサルティングの専門組織である「博報堂ブランドデザイン」を立上げ、ビジョン策定、企業戦略、新事業開発、CI、VI、商品開発、空間開発、組織開発、人事研修など多彩なブランドビジネス領域において実務コンサルテーションを行っている。
組織内に若者研究の専門機関「博報堂ブランドデザイン若者研究所」を設置し、現代の若者の価値観や消費意識についての研究も進めている。コンサルティング局局長兼務。また、東京大学教養学部にて、共創型の授業プログラム「ブランドデザインスタジオ」を運営するなど、大学における教育とビジネスの融合をテーマに様々な教育活動も推進中。成蹊大学経済学部非常勤講師。

主な著書に、「「応援したくなる企業」の時代」(アスキー・メディアワークス)、「ビジネスを蝕む 思考停止ワード44」(共著、アスキー・メディアワークス)、「ブランドらしさのつくり方-五感ブランディングの実践」(共著、ダイヤモンド社)、「だから最強チームは「キャンプ」を使う」(共著、インプレスジャパン)、「ドンシュルツの統合マーケティング」(共訳、ダイヤモンド社)、「MBAは本当に役に立つのか」(共著、東洋経済新報社)など多数。

博報堂ブランドデザイン http://www.h-branddesign.com/
博報堂ブランドデザイン 若者研究所 http://www.h-branddesign.com/wakamonoken/about/
東京大学×博報堂ブランドデザインスタジオ http://www.bdstudio.komex.c.u-tokyo.ac.jp/